一時間当たりの相談料

相談料で弁護士の優劣を決めないで

離婚問題や詐欺被害など、裁判に発展するような大きなトラブルではなく、単に相談だけしたい、という方も多くいると思います。
弁護士に相談すると一体いくらかかるのでしょうか。
実際に調べてみるとわかりますが、法律事務所によって金額は異なります。
というのも、現在弁護士への費用は自由化されており、金額の設定は法律事務所の一任で決定しても良いことになっているからなのです。
ということは、有名な弁護士がいる事務所は、それだけ顧客が集まりますから、もしかしなくても高いことは想像できますね。
しかし、誤解しないでいただきたいのは、料金が高いから優秀な弁護士がつくとは限らないということです。
非常に残念な話ではありますが、営利のことしか頭にない弁護士というのも存在します。
弁護士を選ぶ入り口として、どうしてもお金のことは無視できませんが、くれぐれも弁護士選びは慎重に行ってくださいね。

いくらかかる?気になる相談料

さて、肝心の相談料ですが、自由化されているとはいえ、やはり相場はあるようです。
多くの法律事務所は、相談時間を三十分か一時間単位で区切っていますので、三十分の場合は、比べ安いように単純に二倍にしました。
いくつかの法律事務所の相談料を見ましたが、大きな差はありませんでした。
だいたいが一時間あたり、一万円から二万円の間におさまっています。
相談時間は厳密に記録されるようで、一分でも過ぎたら一時間分の料金が発生してしまう場合もあるので、三十分区切りのところは注意が必要だと感じました。

個人ではなく、会社などの法人や事業者の場合は、相談料が異なることがあります。
高いと五万円なんてところもあるようですが、やはり一時間あたり一万円が多く、次いで二万円、全体平均で約一万七千円です。
いずれにしても、気軽に出せる金額ではないことは確かです。
限られた時間内で相談できるよう、きちんと事前にまとめてから相談しましょう。


弁護士に相談する前に知っておくべき費用のすべて

この記事をシェアする